石舞台古墳(高市郡 明日香村島庄)


 明日香村島庄にある日本を代表する巨大な横穴式石室です。1辺55mの方墳で西南方向に開口しています。墳丘上部は江戸時代以前からむき出しで元々の形状は不明です。

 

 発掘調査時、周濠や貼石がみつかり復元されています。両袖式横穴式石室の長さは全長は19mもあり当時では突出した規模を持ち石室に使用されている石材の最大のものは推定72トンを誇るこの石室は見瀬丸山古墳と並び最大級の規模を誇ります。

 

 棺玄室部から凝灰岩の破片が出土している事から凝灰岩製の家型石棺と思われます。発掘時すでに遺物の殆どが失われ土器片が少々あっただけでした。築造年代は7世紀初め頃と思われます。発掘調査は1933.1935年。1954~1958年(濠の修復と調査)1975年(石舞台周辺国営公園化の為)に行われています。被葬者については多くの研究者が蘇我馬子をあげています。