赤坂天王山3号墳(桜井市倉橋)


 国史跡、赤坂天王山古墳の北側にある円墳です。たまたま赤坂天王山古墳という超有名な古墳のそばにあるので目立ちませんが中級クラスの立派な古墳です。

 

見所は左の写真のように石室開口部の閉塞石が当時のまま、かなり残存しており閉塞石の積み方を考える上で参考になるかと思います。

 

規模は墳丘が径11.2m、高さ約4.5mの円墳で二段築成で南に開口しています。

両袖式の横穴式は全長が10.3mで玄室長4.3m、幅2.5m、現状高約2.6mで玄室の床石が良好な状態で残っています 。羨道長は6mで幅1.7mです。

 

出土品については知られていませんが築造年代については横穴式石室の特徴から6世紀末~7世紀初頭と思われます。調査1938年頃行われ報告書が」梅原末治博士から出されてるようですが詳細は不明です。赤坂天王山古墳見学の際には是非、一緒に見学してほしい古墳です。