舞谷2号墳 (桜井市浅古)


 舞谷古墳群は鳥見山の南山麓の小尾根上に各尾根毎に1基づつ築造された東西に並ぶ5基からなる古墳群で、従来は現在の2号墳が舞谷古墳と呼ばれていました。1973年以降の外鎌山北麓古墳群の調査で2基の磚積式石室(忍坂8、9号墳)が検出されたのを受け、その周辺の分布調査が行われ、従来の舞谷古墳の周辺で新たに4基の磚積式石室が判明し新たに西から順に1~5号墳と呼称することになった。調査は1981年に3号墳、1984年に4号墳、1986年に5号墳前庭部が発掘調査、1985年に1号墳が測量調査のみ行われています。

 

墳丘は全て方墳で、1号墳は破壊が激しく測量調査のみで、実態が不明確ですが、いずれも榛原石を漆喰で固めた磚積式の石室を持つ古墳群です。現在、唯一見学できる2号墳は墳丘が東西約11m、南北9m、高さ約2.5mの長方形で、石室は全長4.4m以上。玄室長は2.4m、幅1.3m、高1.7mで天井構造は奥壁と左右の側壁から少しずつ前に持ち送りし小型の板石で覆っており天井の断面は家型の寄棟造りのようになっており、羨道部は半壊しています。

 

隣接する他の古墳も磚積式の石室を採用し、同一集団による墳墓で築造時期は7世紀中葉と考えられています。磚積式古墳は、古墳造営のユニット化との見方も出来、桜井と宇陀地域だけで見られる特徴ある古墳で一見の価値がある古墳です。