桜井茶臼山古墳(桜井市 外山)


大和さくらい100選 「記紀万葉ゆかりの地」

発掘調査時の竪穴式石室
発掘調査時の竪穴式石室

 

 外山(とび)茶臼山古墳ともよばれる、鳥見山の北山麓の小尾根の先端を切断して造られた、全長200mの初期ヤマト政権の大王クラスの前方後円墳です。発掘調査は1949年に一度行われていましたが、2009年に埋葬施設の詳細を明らかにする事と、木棺を取り出し保存処理を行うために実施されました。埋葬部は後円部の中央にある、南北約11m,東西約4.8m、深さ約3mの長方形の墓壙で、その下半分に南北長6.75m、東西幅1.27m、高さ1.7mの内壁を、水銀朱で塗布された竪穴式石室があります。基底部に板石を二、三重に敷き詰め棺底土を敷いた上に、コーヤマキ製の木棺を安置しています。

 

 木棺は原形を失っているものの、遺存していた底部分は長さ4.89m、幅75㎝、最大厚27㎝を測る 長大なものです。石室の閉塞には全面を朱で塗布された12枚の天井石が使われ、その上部はベンガラを塗り込んだ赤い粘土で覆われていました。 墓壙の上部には南北11.7m、東西9.2m、高さ1m未満の方形壇が造られ、壇の上面は板石と円礫で化粧され、周縁には二重口縁壷が並んでいたと思われます。

 

 今回の調査では新たに、竪穴式石室を取り囲むようにして建てられていた、「丸太垣」と命名された柱列(推定約150本)の痕跡見つかりました。又、1949年の調査で取り残したと思われる銅鏡の破片が多数見つかり、およそ81面以上の鏡が副葬されていた事が判明しました。(1949年の発掘では王者の権威たる玉杖の他、銅鏡、玉、剣、玉葉等が出土し、橿原考古学研究所附属博物館でその一部を見ることができます。)

 

 埋葬施設は調査後埋め戻されて見ることはできませんが、今も古墳内には自由に出入りできます。通常このクラスの古墳はほとんど陵墓に指定されており、入ることができませんが近くにあるメスリ山古墳と共に、墳丘内に入れますので是非この200m級の古墳の巨大さを実感していただきたいと思います。尚、北200mの城島(しきしま)遺跡では、この古墳の築造時に使われたとみられる木製工具類が出土しています。