忍坂山口坐神社(桜井市 赤尾)


 美しい忍坂山(外鎌山)の山容を望む粟原川(忍坂川)西岸に鎮座する旧村社で、近世には天一(てんいち)明神と称しました。「大和誌」では当社を「延喜式」神名帳の城上郡の「忍坂山口坐神社」に比定し、式内社として現在に至っています。「桜井風土記」によると延喜式内社は全部で14社(内13社が県内)あり、なかでも式祝詞に示す飛鳥、石寸、長谷、畝火、耳無、忍坂の6社が最も大切に祀られてきたといいます。

 

 境内には拝殿があるのみで、神殿はありませんが山を拝する形はとっておらず、一説に杉樹をご神体とすると伝えます。小さな神域ですが境内にある楠の大木(桜井市指定文化財)が隠れた人気で、その大きさには誰もが圧倒されます。室町時代に金閣寺が造営される時、天井の一枚板として楠が供出されたとの伝承があり、今の楠はその二代目と伝えます。