外山(とび)不動院



平安時代に登美山(とみやま)鎮座宗像神社が創始されたおり、併せて地域鎮護の寺院として建立されたと考えられています。


藤原一門が一族の祖である藤原鎌足を祀る談山神社に参詣する際に不動院で身を清めたと言われ扁額には天台座主慈圓の書で「無動堂」の字が残されており、山号も藤原山と藤原氏と大きく関わりがあった寺院と考えられています。


現在は真言宗の寺院として「とびの お不動さん」として親しまれ不動明王の縁日である毎月28日の午後2時からは本堂で護摩を焚いており、地元をはじめ遠方からの信者さんも熱心に参拝されています。

本尊の不動明王座像(国指定重要文化財)は平安時代後期の優美な造形を持つ像で憤怒相でありながらも柔和な表情で光背なども含め極めて良好な状態を保っています。