じんご石(桜井市忍阪)


 

 神籠石(じんごいし)は地元では「ちご石」と呼ばれ、そのいわれについては、古書に、忍阪の集落の中央に「楯の奥」(現・タツノ奥)というところあり、その北の「矢垣内」(現・屋垣内)に神籠石という大きな建石があると記されています。また神武東征の時、天皇がこの地にいた八十建(やそたける)を討つとき、この石に隠れ石垣をめぐらし矢を持ち楯とした大石という伝承も持っています。

 

 「楯の奥」「矢垣内」という小字名も、そのあたりから、きているのかも知れません。昔は素手で正面からこの巨石にのぼり、一畳敷きの上で大の字になれば一人前の証とされていました。(上の火の見やぐらは昭和35年ごろ、生根神社より移設されたものです。) 「神籠石』は日本各地で「こうごういし」、「こうごいし」、「ひもろぎいし」「かわごいし」とも言われ、その多くは、聖域を示すモニュメントや古代の山城と理解されています。

 

 橿原考古学研究所論集、第4集で藤井利章氏は忍阪にある舒明天皇陵の八角墳に関する論文の中で、この石について「舒明天皇陵の陵域は延喜式によると東西9町、南北6町の兆域があるが、この兆域の基準となる施設に「ちご石」がある」との考えを示されています。石の大きさは高さ約2.5m、幅約1.5m、厚さ約1mの規模で、自然石そのままではなく加工が行われていることが確認できます。 (2017.1.25更新)