茅原狐塚古墳(桜井市 三輪)


JR桜井線の三輪駅と巻向駅の中間あたりにある巨大横穴式石室を持つ古墳です。墳丘は元々は一辺50m前後の方墳ですが墳丘の一部はJRの線路造成時に削られ、他も畑地転用などで改変され現状は1辺30m前後となっています。石室の封土も殆ど失われむき出しの石材が痛々しい感じです。三輪山周辺では数少ない大型の横穴式石室を持つ古墳で、古墳ファンにも人気のある古墳で山の辺の道から若干、寄り道にはなりますがおすすめの古墳です。

 

石室内は,現在封鎖されていますが開口部及び奥壁側の石の隙間から石室内を見ることが出来ます。
 石室は巨大な花崗岩の乱石積みの両袖式の横穴式で全長がなんと約17mもあります。(玄室長さが約6m、羨道の長さは約11m)これは桜井市の横穴式石室では一番長い石室で県下でも有数の長い石室です。石棺は玄室に3棺、羨道部には木棺のものと思われる鉄釘が見つかっています。

 

1958年、当時の大三輪町史編纂に伴い調査され玄室より多数の須恵器の杯、羨道部から鉄直刀と思われる小残片、木棺の釘、土師器破片等が見つかっています。築造年代は石室及び副葬品から6世紀末~7世紀初めと思われ被葬者としては当時この地域で勢力を誇った三輪氏の関連と考えられます。

 

茅原狐塚古墳は民有地内にありますので十分配慮の上、見学お願いいたします。(石室内には入れません)