慶運寺裏古墳(桜井市 箸中)


  国史跡のホケノ山古墳のそばに所在する慶運寺の本堂の裏にある直径約15mの古墳です。(若干場所が判り難いかもしれませんが墓地に向かう道の右側の脇道を本堂に沿って右に回ると直ぐ古墳が見えてきます。

 

石室は南に開口する両袖式の石室で玄室は長さ3.5m、幅1.7m、高さ2m以上で羨道部は玄門部が残るだけで殆ど破壊されています。出土遺物については知られていませんが石室の特徴などから6世紀後半から末ごろと考えられています。この古墳は、お寺の境内という事で破壊されずに今日まであるのかもしれません。

画像画像

画像画像
 この慶運寺周辺には6基前後の古墳があったようで、その中のひとつのものと思われる石棺仏が慶運寺境内にあり数少ない阿蘇ピンク石の刳り貫き式石棺の身の部分に当たります。