慶田寺(桜井市 芝)


曹洞宗。山号は三輪山。卑弥呼の墓ではないかといわれる「箸墓古墳」からほど近い場所に位置します。正門は芝の織田藩一万石の惣門で明治4年(1871年)廃藩置県で当寺に移築されたものです。

 

寺の創建は文明2年(1470年)といわれ織田信長の末弟・織田源五郎長益(有楽斎)ゆかりのお寺で、境内には戒重藩(後に芝村藩)織田家の歴代藩主の墓が有る菩提寺としても知られています。

 

本堂の裏手に続く納骨堂には阿弥陀如来、十一面観音像が安置されています。いずれも近隣にあった融通念仏宗の寺院・広読寺に祀られていた仏さまで、廃寺に伴い慶田寺へ移されたものです。

 

十一面観音菩薩立像(10世紀。左の写真)は像高、約2m、仏面から足底まで、本来は両腕までも共木でつくられ、内ぐりもないケヤキの一木造です。元はこの像自体を木心とし、上に麻と漆を重ねた乾漆像だったようです。穏やかで涼しげな表情がとても印象的なすばらしい仏さまです。

 

(慶田寺は山の辺の道沿いではありませんが箸墓古墳を見学の際、あわせて拝観がお薦めです。)