大神神社(桜井市 三輪)


   大和さくらい100選「記紀万葉ゆかりの地」                                         

 大和国の一の宮、大神(おおみわ)神社は、円錐形の秀麗な山、三輪山を御神体とする日本最古の神社です。祭神は大物主大神で大己貴神(おおなむちのかみ)と少彦名神(すくなひこなのかみ)を合わせて祀ります。拝殿は寛文四年(1664年)四代将軍徳川家綱が再建したもので重要文化財に指定されています。

 

 又、拝殿の奥正面に建っているのが「三ツ鳥居」で三輪鳥居とも呼ばれ大小の鳥居三つを一つに組み合わせたような形で重要文化財に指定されています。この「三ツ鳥居」を通して三輪山を拝む古代の神まつりの形を今に伝えています。

 

 大三輪の神様は国造りの神として、また医薬、酒造、方除等人間生活全般の守護神として、大和の国一の宮、三輪明神として、地元では「三輪さん」の名で親しまれています。

 

大神神社公式サイト http://oomiwa.or.jp/

 

三輪地区については、このページも是非ご覧ください