秉田(ひきた)神社(桜井市 白河)


大和さくらい100選 「記紀万葉ゆかりの地」

 

 桜井市白河(しらが)の西方に鎮座する旧指定村社。 巻向山の南東麓に位置し『延喜式』神名帳の大和国城上郡にもみえる曳田(ひきた)神社にあてられています。かつては白山神社と呼ばれていたようです。祭神は、大己貴命、高龗神、豊受比売命ですが高龗神と豊受比売命の2柱は元々は明治42年に合祀した葛神社と稲荷社の祭神でした。 大己貴命は大国主命であり、大物主神と同一視される神で、三輪氏の祖で三輪君氏の同族に、引田君氏があり、主祭神の比定に影響したものと思われます。

 

古事記下巻に、「ひきた」に関わるこんな話があります。

のちに雄略天皇となった若建命は三輪川に行幸した時に、河辺で衣を洗う童女の姿に心を奪われその童女に「お前は誰の子か」と尋ねると、「私の名は引田部赤猪子といいます」と答えた。今に宮中に召すので誰にも嫁がずにいるようにと言われた。赤猪子は、天皇の命を待ち、待ち続け八十年経った。赤猪子は、待ち続けた思いだけでも伝えたいと思い、結納の品々を携え天皇を訪ねた。しかし天皇は、先の命を忘れていたが大いに驚き、「自分は先の事をすっかり忘れていた。しかしお前は志を守り、命を待って、盛りの年を過ごしてしまった。これは甚だ悲しいことだ」と言って、内心は結婚したいと思ったが、あまりにも老いてしまったことに憚って、結婚することは出来ず、御歌と多くの品物を老女に賜って、返し遣わした。