吉隠(桜井市 吉隠)


大和さくらい100選 「ビューポイント

 

「吉隠」と書いて「よなばり」と読みます。この字名をすっと読めるのは、きっと万葉集がお好きな方に違いありません。吉隠は桜井市の東端の宇陀市との境に位置する、渓谷の集落で元々兎田領(宇陀地方)であった為、方言等はやや宇陀の文化圏に近い環境にあります。


吉隠は万葉集に数首、詠まれていますが、中でも、穂積皇子が最愛の人、但馬皇女を偲んで作った万葉集、巻2の

降る雪は  あはにな降りそ吉隠の  猪養の岡の 寒からまくに

は万葉集の名歌として知られています。(JRまほろば線を走る万葉列車にも、この歌が書かれたペイント列車が走っています。)

 

この地域は非常に古墳の少ない所ですが、宮内庁管轄の陵があります。国道165号線から約700mほど登ったところに万葉歌人としても知られる志貴皇子(のち追尊して春日宮天皇)の妃、紀橡姫(同様に追尊して春日宮天皇妃)の陵です。径20m前後の円墳と思われますが詳細は不明です。尚、この墳墓は「降る雪は・・・」を詠った但馬皇女ではないかという説もあります。

 

吉隠は棚田の美しさでもよく知られますが、写真家、入江泰吉氏も吉隠の棚田に降り積もる雪を題材に名作を残しています。