十二柱神社(桜井市 出雲)


大和さくらい100選 「パワースポット」

 

 出雲集落のほぼ中央、旧初瀬街道沿いにある旧指定村社です。十二柱という名前の通り国常立神(くにとこたちのかみ)など神世七代の神々と、天照大神など地神五代の神、あわせて十二柱の神々を祀っています。参道を抜け石段をあがり境内に入ると、鳥居の脇の狛犬を四人の力士がささえています。出雲の集落は当麻蹴速(たいまのけはや)と、我が国初の天覧相撲で勝利した 野見宿禰(のみのすくね)を祖としており、この地は相撲をとった穴師の相撲神社とならぶ、相撲発祥の地として知られています。

 

 鳥居の東側手前に立つ大きな五輪塔は、高さ2.85m鎌倉時代初期の五輪塔で、もとはここから約350m南東にあった野見宿禰塚に鎮座していたもので、明治16年の農地整理で塚がなくなった際、この地に移設されました。4側面に単独梵字仏を彫り、また地輪には一字一石経を納める、全国でも珍しい五輪塔と言われています。

 

 野見宿禰は埴輪作りの祖ともいわれ、出雲の水野家では凹形の型に粘土を詰めて素焼きし、あとで彩色するという、まことに単純素朴で、あったかい感じのする手作りの人形が作られています。(見学は事前に申し込みが必要。) 

 尚、十二柱神社の境内地一帯(境内社の東方一帯との説も)は第25代武烈天皇の「泊瀬列城宮跡」伝承地とされ、この付近に「天皇屋敷」、「御屋敷」などの地名を残しています。境内には武烈を祀る武烈天皇社の祠と「泊瀬列城宮跡」の石塔がありますので、あわせてご覧ください。