■初瀬道(伊勢街道)



  この地で詠まれた万葉集はおよそ50首あり、20もの地名が詠まれています。研究者によると初瀬(泊瀬)は一種の隠れ里に似た異国情緒を感じさせ歌のモチーフとして選択されやすかったのではないかと言われています。また泊瀬は雄略天皇の泊瀬朝倉宮があった可能性の高い脇本遺跡をはじめ武烈天皇の泊瀬列城宮など初期ヤマト王権の中心地が、この泊瀬にあった事でも知られます。

 

 初瀬は後年、長谷寺の門前町として賑わい、伊勢街道の宿場町としても栄えました。こんにち、一般的には長谷(初瀬)といえば長谷寺周辺をイメージされると思いますが万葉集に詠われる泊瀬は現在の地名で言えば外鎌山周辺から長谷寺周辺に広がる広範囲な地域を指すものと思われます。その範囲を東西に走るのが初瀬道です。古い町並みが残るこの街道筋を田園風景を楽しみながらゆっくり歩いてみませんか。

本サイトでは編集の都合上「上之郷」地域も「泊瀬道」に入れています。 

 上之郷(かみのごう)の名前は慶長年間(1596~1615年)に瀧蔵権現を長谷寺の鎮守として與喜山にうつし、その後、十社を合祀するにあたり祭祀の区域を上之郷(小夫地域)、中之郷(初瀬地域)、下之郷(朝倉地域)の三郷に分けたところからきています。

 

 上之郷村となったのは明治21年(1888年)の町村制実施に伴うもので磯城郡に属し1956年(昭和31年)に桜井市に編入されるまでの68年間にわたり村の歴史を作りました。今も上之郷は地域の郵便局やJA等の名前として又このあたりを総称する名前としても残っています。隣接する泊瀬とは又、違った文化圏を持っていたことが、伝説や民俗資料、旧跡等からも伺い知ることができます。 


初瀬道の名所旧跡(下のアイコンをクリック)



マップ  クリックすると拡大されます。(深赤色の道が「初瀬道です)


モデルコース