58.こもりくのはつせの山・・・

こもりくの

 

はつせの山は

 

色づきぬ

 

しぐれの雨は

 

降りにけらしも

 

巻8-1593 大伴坂上郎女

  (さかのうえのいらつめ

 

歌の意味

初瀬の山はすっかり色づいたことだ。しぐれの雨が降ったに違いない。

大伴坂上郎女

万葉歌人の代表歌人で佳作が多い。父は大伴安麻呂で。母は石川郎女(いしかわのいらつめ)旅人は異母兄稲公の姉、家持の叔母、姑である。

 

 

 

揮毫者 犬養 孝

 

万葉集研究家。『万葉の旅』など著書多数。筆をとつた万葉歌碑は百基を超える。

クリックすると拡大されます

歌碑の場所 58番

桜井市大福三十八柱(みそやはしら)神社境内の東側の大木の陰に西面して建つ。