56.鳴神の音のみ聞きし・・・

鳴神の

 

音のみ聞きし

 

巻向の

 

桧原の山を

 

今日見つるかも

 

             万葉集巻7-1092 柿本人麻呂

歌の意味

人々の噂だけ聞いていた巻向の桧原の山を、やっとのおもいで今日この目にした

 

柿本人麻呂

 飛鳥時代の代表的な歌人。後世、山部赤人とともに歌聖と呼ばれる。人麻呂は巻向山麓の里に愛する妻が住んでいたために、この付近の自然を歌った作品が多い。  

揮毫者 千 宗室

茶道の家元。裏千家の一つ、代々宗室を称し筆者は十五代鵬雲斎。千利休を祖とする。

 

 

クリックすると拡大されます

歌碑の場所 56番

井寺池東側の農道を北へ上ったところ柿畑の中に南面して建つ.