49.うま酒 三輪の祝の・・・

うま酒

三輪の祝(はぷり)の

山てらす

秋のもみじの

散らまく惜しも

  万葉集巻8-1517 

    長屋王(ながやのおおきみ)

 


歌の意味

三輪神社のある山を照らすばかりに

色づいた秋のもみじの散ることの

惜しまれることよ

 

長屋王

 奈良時代の政治家。高市皇子の長子。天武天皇の孫。藤原不比等没後,左大臣となって実権を握ったが藤原氏の陰謀により自殺させられ妻子はこれに殉じたという。(長屋王の変)。「万葉集」「懐風藻」に詩歌が残る。 

 

揮毫者 堂本印象

昭和期の日本画家。『東丘社』を主宰、多くの画家を育成。また多数の社寺の襖絵に筆をとる。

 

 

歌碑の場所 49番

大神神社の境内宝物館に向かって左側木立の中に建つ。