23-2.こもよみこもち・・・

 こもよみこもち ふくしもよ

みふくしもち このおかに

なつますこ いえのらせ

なのらさね

そらみつ やまとのくには

おしなべて

われこそおれ しきなべて

われこそませ われをこそ

せとはつらめ いえおもなおも

      巻1-1 雄略天皇


歌の意味

籠も良い籠を待ち、へらもよいへらを持って、この春の丘で菜をお摘みになっている娘さん。あなたの家はどこかききたい。さあ言いなさいよ。 

この天が下の大和の国は私が押し靡かせており、私が統べ治めているのだよ。さあ、あなたも私におしえて下さい。あなたの家も名も。

 

雄略天皇

大泊瀬幼武天皇(おおはつせのわかたけすめらみこ)5世紀後半の英雄。允恭天皇の第21代天皇。毋は皇后忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ 

 

揮毫者 保田與重郎 

文芸評論家。亀井勝一郎らと『日本浪漫派』を創設。万葉学にも卓越。桜井市生まれ。

歌碑の場所 23-2番

初瀬街道に沿った白山神社の中南面して建つ