18.夕さらばかわず・・・

 夕さらば

 

かはず鳴くなる

 

三輪川の

 

清き瀬の音を

 

聞かくし良しも

 

   万葉集巻10-2222 作者不詳


歌の意味

夕方になると、いつも

カジカの鴫く声のする

三輪川の清いたぎつ

瀬の音を聞くのは

何ともいえずいい気持ちだ。

揮毫者 樋口 清之

 

考古学者だが日本史・人類学・博物学とその研究領域は幅広い。新道考古学を体系づける。

歌碑の場所 18番

 

大和川に架かる馬井手橋の袂に仏教伝来の地碑が建っている。その左側に建つ。