17.こもりくの泊瀬山・・・

こもりくの泊瀬の山 青幡の

 

忍坂の山は走り出の 

 

よろしき山の出立の 

 

くわしき山ぞあたらしき山の 

 

荒れまく惜しも 

 

    万葉集卷13-3331 作者不詳


歌の意味

泊瀬の山、忍坂の山は、家から一走り出たところにある(見える)美しくすぐれた山である。この立派な山をいつまでも保ちたいのだが、年ごとに荒れていくのは、ほんとうに惜しいことである。 

 

揮毫者 有島生馬

 

大正、昭和期の洋画家。雑誌「白樺」の創刊に加わり、小説、翻訳、随筆にも筆をふるう。

 

歌碑の場所 17番 

泊瀬川(大和川)に架かる大向寺橋の袂に三輪山を背にして建つ