15.磯城島の日本の国に・・・

  磯城島の 日本(やまと)の国に

 

人二人

 

ありとし 思わば

 

何か嘆かむ

       

巻13-3249 作者不詳


歌の意味

この大和の国に、私のいとしいと思う人がもし二人もいると思うのだったら、何をあれこれと嘆くことがありましよう。

私の恋しい人はたった一人しかいないものだから、あれやこれやと気を遣うことばかり多いのです。 

 

 揮毫者 山口誓子

 

俳人。高浜虚子に師事。『天狼』を主宰し俳句素材の拡充と斬新なスタイルを創造。

歌碑の場所 15番

志貴御県主神社の鳥居をくぐり石段の上左側に、巨木のかげに建つ。