4.三諸の その山なみに・・・ 

三諸の  その山なみに

 

らが手を 巻向山は

 

継ぎのよろしも 

 

万葉集巻7-1093  柿本人麻呂


歌の意味

 三輪山の並びに愛しい妹(いも)の手を巻くように続く巻向山はその続き具合がまことにすばらしい。

 

  

柿本人麻呂

飛鳥時代の代表的な歌人。後世、山部赤人とともに歌聖と呼ばれる。人麻呂は巻向山麓の里に愛する妻が住んでいたために、この付近の自然を歌った作品が多い。

 

揮毫者 佐藤佐太郎
歌人。「歩道」主宰。アララギに入会し、斉藤茂吉に師事。評論、随筆、筆墨集など多数の作品を残す。             

歌碑の場所 4番

穴師地区の県道沿い