1. うま酒 三輪の山 ・・・

うま酒 三輪の山

あおによし 奈良の山の

山の間に いかくるまでに

道のくま いさかるまで

つばらにも 見つつ行かむを

しばしばも 見さけむ山を

心なく 雲の かくさふべしや

 

反歌

三輪山を しかもかくすか

雲だにも 心あらなむ

かくさふべし也

 

巻1-17.18 額田王


歌の意味 

長歌

なつかしい三輪山よ。この山が奈良の山々の間に隠れてしまうまで、また行く道の曲がり角が幾つも幾つも後ろに積もり重なるまで、充分に眺めていきたい山であるものを、たびたび振り返っても見たい山であるものを、無常にもあんなに雲が隠してしまってよいものだろうか。

 

反歌

名残惜しい三輪山をどうして雲があんなに隠すのか。人はともかく、せめて雲だけでもやさしい情があってほしい。あんなに隠すべきであろうか。 

額田王

 舒明天皇三年(632)頃の生まれと考えられ天智・天武両朝にわたって情熱の歌人として豊かな才能を発揮する。 

揮毫者

 中河与一。昭和期の小説家。「天の夕顔」で知られる新感覚派の作家。

歌碑の場所 1番

景行天皇陵南西の三差路の角。