三輪の大鳥居は高さ32.2メートル、柱間23メートルの偉容を誇る

昭和59年10月13日の、昭和天皇ご親拝を記念、また御在位60年を奉祝して建立され、昭和61年5月28日に竣功された。


大神神社は万葉集に数多く登場する、三輪山をご神体とする日本最古の神社で、三ツ鳥居を通して三輪山を拝む原始信仰の形を保っています。国造りの神として又、医薬、酒造、方除等の守護神として親しまれ、近年はパワースポットとして若い人たちにも人気を集めています。三輪の町はこの大神神社とその摂社、末社などを中心に門前町として、その歴史文化の風合いを残した町並みが残されています。

スライドムービーで見る大神神社

大神神社

JR三輪駅から徒歩約10分

駐車場:普通車400台(通常無料、正月特別期間は除く) 

問い合わせ:〒633-8538

桜井市三輪1422 大神神社 

TEL 0744-42-6633  

桜井駅から大神神社へのアクセスはこのページをご覧ください。↓

三輪近辺の名所旧跡については「山の辺の道」をご覧ください。

三輪のお土産には名物

    「みむろ」最中がおすすめです


大神神社 

秀麗な神の山をご神体とするわが国最古の神社.巳の神杉や、なでウサギも忘れずにチェック!

大美和の杜 展望台

三輪山や奈良盆地が望める景勝地!盆地に浮かぶ三輪の大鳥居、大和三山、二上山・・まさに古の万葉の世界。  

恵比須神社 

日本最初の市場、海柘榴市は初瀬川の氾濫で、この地へ移りました。2月6日は「三輪の初市」と呼ばれ賑わいます。  

古い商家町並み 

三輪の老舗が並びます。往時の勢いを復活させるべく近年、この町に相応しい町家も増え楽しみです。