名物みむろ(最中)

特産大納言小豆の香り

糯米の芳ばしさ

この味の調和が・・・


桜井名物といえば すぐ頭に浮かぶのが「名物 みむろ 最中」。今も昔も多くの人達に喜ばれています 創業は弘化年間(1844~8) 初代白玉屋榮壽が創め一子相伝七代に渡りその製法と味を受け継いでいます。


商品名「みむろ」は大神神社のご神体山、三諸山(みむろ)にちなんだもので餡(あん)の原料になる小豆は一粒一粒厳選した特産の大納言小豆を使用しています。餡は別々の釜で「こしあん」と「つぶあん」を炊き上げ後で混ぜあわせる「かのこあん」といわれる餡(あん)。甘さ控えめで小豆の風味を最大限生かした格別の風味。餡を優しく包む最中皮の香ばしい香りはまさに銘菓。

 

 


七代目店主の息子さんである石河敏和さんは「今まで桜井の方に育てて頂きここまで来られました、これからも桜井を大切にしながら一つのブランドとして発信していきたいと思います。」と語る。


【購入出来る場所】

(株)白玉屋榮壽 本店(桜井市三輪660-1 三輪明神 大鳥居前)・参道店(桜井市三輪 三輪明神参道商店街)

奈良店(奈良市三条通2丁目)・JR/近鉄奈良駅構内売店

通信販売もご利用下さい

 〒633-0001 奈良県桜井市三輪660−1 名物みむろ(株)白玉屋榮寿

 TEL:0744-43-3668